HOME

    男性更年期障害>

    男性更年期障害の原因

男性更年期障害(LOH症候群)が起こる原因とは?

男性更年期障害(LOH症候群)にはテストステロンという男性ホルモンが大きく関与しています。テストステロンは、性欲を高める、体を逞しくする、ヒゲを生やす、決断力をつける、挑戦意欲を高めるなど、心身を活性化して男らしさを発揮する働きをするホルモンです。血管内皮を再生して動脈硬化を防ぎ、脂質代謝を活発にして肥満を防止する働きもします。

加齢に伴うテストステロンの減少

テストステロンの分泌量は20代にピークを迎え、加齢とともに徐々に減少してきます(図)。テストステロンの減少により、性欲の減退、意欲の減退、身体機能の低下、うつ症状やメタボリックシンドロームの誘発など、さまざまな心身の不調が発生します。これが男性更年期障害です。日本では600万人の潜在患者(成人男性の9人に1人)がいると推計されています。

遊離テストステロン

日常生活におけるテストステロンの量の変化

体内のテストステロンの量は1日のうちで刻々と変化(日内変動)します。テストステロンは夜間眠っている間に産生されるので、血中濃度を測ると朝に高く、夕方になると低くなります。

加齢とともにテストステロンは減少してくるのですが、現代社会では60歳以上の年代よりも、40~50歳代の方の方がテストステロンの分泌量が少ないという、ショッキングなデータが報告されています(図)。40~50歳代男性は、会社や家庭でのストレスや不規則な生活によってテストステロンの減少に拍車がかかり、性欲低下や元気の消失を起こしがちなのかもしれません。そのような方も定年を迎えて仕事のストレスがなくなり、趣味でも始めることによってまたテストステロンが回復してくるのでしょうか。

睡液中テストステロン

  • 前へ
  • 上へ戻る