HOME

    男性更年期障害>

    テストステロン減少の理由

なぜ、年を取るとテストステロンは減ってしまうのでしょうか。

テストステロン(男性ホルモン)が最も豊富に分泌されるのは20歳代で、それ以降は加齢とともに徐々に減少していきます。テストステロンの減少には個人差があり、70歳代でも30~40歳代と変わらない量を分泌している人もいれば、40歳代ですっかり枯渇してしまう人もいます。
テストステロンの分泌量に大きく影響を与えるのがストレスです。ストレスがかかると血圧、血糖値が上昇するとともに、脳下垂体から「ホルモンを出すな」という指令が出て、精巣からのテストステロンの分泌量が減少します。

社会生活におけるストレス

中高年男性は精神的にも肉体的にもストレスを受けやすい年代です。40歳を過ぎると、若いときのように体力的な無理が利きません。部下ができてマネジメントに苦慮している中高年も珍しくありません。あるいは郊外に家を建て、通勤時間が長くなり疲労がたまっている人もいます。それらのストレスがテストステロンの減少に拍車をかけやすいと考えられます。几帳面な性格であるほどストレスをまともに受けて、テストステロンの減少を招きやすいといえます。

不規則な生活

不規則な生活、睡眠不足、過度な飲酒、喫煙はテストステロンを減少させる要因になります。また、メタボリックシンドローム、パーキンソン病、うつ病、人工透析などによっても、テストステロンは減少します。現代社会では60歳以上の年代よりも、40~50歳代の方の方がテストステロンの分泌量が少ないというショッキングなデータも報告されています。
中高年男性は、生活習慣を見直し、適度な運動と十分な睡眠でストレスを軽くし、テストステロンの減少を可能な限り防止したいものです。

  • 前へ
  • 上へ戻る