HOME

    男性更年期障害>

    元気を取り戻すテストステロン

テストステロンが増えてくれば、元気が回復します。

あなたの心身の不調の原因がテストステロン(男性ホルモン)の減少によるものだと判明すれば、減少してしまったテストステロンを何とかして増やしてあげなくてはなりません。運動や食事の見直し、サプリメントの摂取などに、テストステロンを高める効果があることがわかっています。
テストステロンの量が増えると、睡眠障害やうつ状態、不安、いらいら、集中力低下、性欲の減退、頭痛、めまい、耳鳴りなど男性更年期障害(LOH症候群)の症状改善に効果が期待できます。
加齢とともにテストステロンが減少することは自然現象で仕方のないことですが、過度な減少により男性更年期障害の症状で苦しんでおられるようでしたら、テストステロンの減少を止めるための対策を講じて、ぜひ元気を取り戻したいものです。

テストステロンが増えてくることで期待できる効果

  • 筋肉が増強し運動機能が高まる。
  • 骨の形成を促進し、骨粗鬆症を防止する。
  • 脂質への作用により、体脂肪は減少する。
  • メタボリックシンドロームや心臓血管疾患のリスクが低下する。
  • 認知力や意欲が高まる。
  • 性欲が出てきて、勃起や射精が回復する。
  • 前へ
  • 上へ戻る