HOME

    タマネギのアリイン類>

    タマネギのアリイン類の効果的な摂取方法

タマネギのアリイン類を摂取する方法

タマネギのアリイン類が男性更年期障害(LOH症候群)に苦しむ中年男性にとって、大変心強い味方だということがわかりました。ぜひ毎日の食事にタマネギ料理を取り入れて大いに摂取したいものです。
ただ、タマネギのアリイン類には、カットしたとたん酵素によって分解されてしまうとか、長時間の加熱によって変質してしまうといった弱点もあります。タマネギを使った料理には、ハンバーグやカレーなど、細かく刻んだり長時間加熱したりすることで旨みや甘みを引き出すものも少なくありません。毎日の食生活でタマネギのアリイン類を損なうことなく調理して摂取するのは、意外と難しいかもしれません。

切断によるイソアリイン量の変化

稲川他、日本農芸化学会2014年度東京大会

加工食品では摂取の難しい成分

手軽に摂り入れたいタマネギのアリイン類。しかし、タマネギパウダーとかタマネギエキスなどタマネギを使った加工食品はすでにいくつか登場しているものの、残念ながら製造過程で酵素の作用などによりアリイン類が分解あるいは変質してしまい、その有効性が期待できないものがほとんどです。

市販のタマネギ粉末製品に含まれるイソアリイン量

稲川他、日本農芸化学会2014年度東京大会

日清ファルマ株式会社では、アリイン類の含有量の高い品種のタマネギを選定し、高濃度でアリイン類を抽出して長期間安定化させる精製技術を開発しました。
中高年男性の減少したテストステロンの回復のために、食品素材に大きな期待が寄せられています。

イソアリイン残存率

稲川他、日本農芸化学会2014年度東京大会

参考文献
『加齢男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)診療の手引き』:日本泌尿器科学会・日本Men'sHealth医学会
奥山明彦編:『男性更年期障害 LOH症候群』(南山堂),2007
堀江重郎:働き盛りのエイジングとQOL,健康管理,2011
  • 前へ
  • 上へ戻る