バイエル社のトリキュラーは、日本で最も処方されている標準的な経口避妊薬です。有効成分であるエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルが排卵を抑制することで避妊効果を発揮するのが特徴です。トリキュラーの成分は、他人の口の中のようなホルモン剤です。レボノルゲストレルは黄体ホルモンであるプロゲステロンを、エチニルエストラジオールは卵胞ホルモンであるエストロゲンを模倣しています。

トリサイクラーの主な副作用は、吐き気と頭痛、吐き気と胃痛、吐き気と乳房の圧痛、その他の記述です。これらの症状は軽度で一時的なものであり、スタイルに慣れるにつれて解消されます。トリサイクラーには、エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)とレボノルゲストレル(黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンが配合されています。この2つの女性ホルモンをトリキュラーを通じてあらかじめ体内に入れることで、健康は卵胞がすでに成熟していると勘違いしているのです。卵胞を成長させる性腺刺激ホルモンが分泌されず、卵胞が成熟できずに排卵が消滅してしまうのです。

トリキュラー28には休薬期間(月経日)にアナログがありますが、トリキュラー21にはありません。類似薬があることで、飲み忘れを防ぐことができると支持されています。ホルモン療法で起こりがちな吐き気、むくみ、乳房の柔軟性、月経以外の不正出血などの副作用が早く、安心して服用できます。

女性のスタイルに大きな影響を与えるのが、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2つの女性ホルモンです。卵胞ホルモンは排卵を引き起こし、子宮を妊娠しやすい経済環境に整える働きがあります。そして黄体ホルモンは子宮内膜を厚くし、妊娠が収束するための実状を整える。コンドームは男性から要望のある避妊法ですが、トリキュラーなどの低用量ピルは女性が自分で実現できる避妊法として、とても有効なものです。女性自身が抑制をセーブできるため、経口避妊薬による避妊は、他の避妊法に比べて真実味があり、費用も抑えられ、妊娠のリスクは大幅に軽減されます。

トリキュラーは、日本のクリニックで処方してもらうことができます。低用量ピルなどの避妊薬は保険適用外なので、すべて自費になります。黄体形成ホルモンが子宮頸管(子宮の出入り口)の粘液を定着させ、精子の子宮内への侵入を抑制するのです。薬を中止すると、脳下垂体が卵巣を刺激して排卵させます。

毎月、女性の体内では卵胞が成長し、それが十分に成熟すると排卵が起こります。排卵された卵子は精子の子供と受精し、妊娠に至ります。卵胞は性腺アプローチホルモンによって成熟していきます。性腺刺激ホルモンは、黄体ホルモンと卵胞ホルモンから分泌されます。ホルモンバランスが自然に変化するため、トリキュラーには副作用を発症するリスクが少ないというメリットがあります。